« GO!GO!フライングJK | トップページ

2008年10月 7日 (火)

ロックンロールで靴が謡う

91年にまだその頃売れていない俳優ブラッド・ピットにチャンスが訪れたリドリー・スコット監督でアカデミー賞脚本賞を受賞した『テルマ&ルィーズ』だ
脇役だが劇中、重要なポストを握る役で世間的にはこの映画でブラピは俳優で飯が喰えるようになったというヲレも大好きな映画です
でも あまり知られていないのがテルマ&ルィーズと同年に発表されている
『ジョニー・スエード』
ロックンロールで靴が歌う
という映画でブラピは主演を演じている。
確か この映画は若干ではあるけど日本の劇場でも公開されたんだよね だってテレビでこの映画の宣伝を見たことがあるから。
でも結局、ヲレの地元では公開されていなくてビデオで数年後に見ました。
まー 内容はというと巨大なリーゼントをした(表現が乏しくてスミマセン 笑)主人公のジョニー(ブラピ)のもとにある日一足のスエードの靴が落ちてきて、その靴を履いたジョニーが憧れのリッキー・ネルソンのような歌手を目指す ある意味、ファンタジーかな?
まー 世間が言うとこのB級映画です。てかB級映画最高ですよアングラ感がフルに使えるしロマンがあります。
しかし この映画を作った監督はセンスがあります
ほんとにロックンロールていうもののバックグラウンドに靴てのは重要なんですよ てか靴に気を使えない奴はロックをするな!てぐらい重要です それは現在のヒップホップとかやってる人達にも共通すると思います。
また このスエードの靴てとこがイカします
初めて買ったスエードの靴はラバーソールでしたね
てか 今はラバーソールをさすがに履かないんですけど、唯一手元に残っているラバーソールはやっぱりスエードです(照)
ロックンロールで靴が歌う
ロックンロールで靴が歌う
カッコいいでしょ ピンクですよ ピンク!
これは80年代ものの『セレブリティ・シューズ』というイギリスのブランドでジョンソンズの靴も外注で作ってたメーカーのものです。
今でも履いたらワクワクできる銘品です
あー! そうか ワクワクするんですよ なんて言うんですかね 靴が謡うんですね 特にスエードは特別ですよ 今でもスエードのブーツや靴見ると悩みますからね。
あと コンビの靴ね
白×黒だったり 黒×ピンクだったり なかなか センスがないとコンビは履きこなせないので 若い頃は使いつらかった事とがありました
で また80年代ものの
ロックンロールで靴が歌う
ロックンロールで靴が歌う
『ドクター・マーチン』
のコンビになります。
基本的に夏用ですヲレの場合 水玉のシャツとかに合わしてね 靴はいいですね収納に困ってしまいます。

(笑)


ロックンロールで靴が歌う


|

« GO!GO!フライングJK | トップページ

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事